人気ブログランキング |

自然と仲良くなれたらいいな

<   2007年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


夕暮れの正宗

仙台でもそこそこの夕日が見えるところがありました。
夕日の落ちるところは背景としてイマイチかなと思ったのですが(^^;
日の入り後のグラデーションがなかなか良さそうで、
青葉城公園の伊達政宗像を対象として撮ってみました。
マニュアルで撮ったのはほとんど全滅でした (><;

( PENTAX K100D + DA21mm / 仙台市青葉城公園にて )


1 
f0012488_2152230.jpg


More+3

by kirageege | 2007-06-29 02:18 | 夕景・朝景

田島ヶ原の花(6月末)

所要もあって埼玉の自宅に帰っていたのですが、
荷物はできるだけ少なく最軽量にしました。
ということは帰省のときはいつもバックに入れているデジイチも
コンデジも持ち帰りませんでした。

ということで出番になったのが久しぶりのpanasonicのFZ5。
これにクローズアップレンズを取り付けて
何かないかと さいたま市内の田島ヶ原へ出かけました。

ここは以前(4月12日)にサクラソウをアップしたところですが、
いまは草ぼうぼうの状態でした。
そんななかでも いくつか初夏の花が咲いていました。
クローズアップフィルターのためか全体に大きすぎました(^^;

( Panasonic FZ5 + AC2クローズアップフィルター / さいたま市桜区田島ヶ原 )

さて、今回アップしたお花の中で、薬用が1種、食用(若菜)が1種あります。
それは、どれとどれでしょうか (^^)

の答えは、薬用1枚目オトギリソウ、食用5枚目ノカンゾウが正解でした。
お答え頂いた中で、全問正解者はいませんでしたが、薬用の1問に正解者がいました。
正解者はデジタルカメラコンテストで入選するなど活躍著しいyujiさんでした (^^)/

さて、薬用のオトギリソウですが、
鷹飼いの名人がこの草を鷹の秘薬としていたのですが、弟がその秘密をもらしたので
怒って殺してしまったというのがこの花名の由来になっているようです。
西洋でも民間薬や魔よけとして使用されているようです。
オトギリソウエキス(乾燥し煎じたもの)は、
収斂作用、抗炎症作用、皮脂抑制作用、育毛効果、抗アンドロゲン作用、エラスターゼ阻害作用などがあります。
日焼け止めやアフターシェーブケア用品などにも配合されます。
みなさんご使用の方もおられるかと思いますが、今年2月新発売となったライオン㈱の
制汗デオドラント剤『new Ban』。このなかにもオトギリソウエキスが入っているんですよ。
身近でも大活躍しているオトギリソウなのでした(^^)



1 オトギリソウ(弟切草):オトギリソウ科オトギリソウ属
f0012488_20124462.jpg


More

by kirageege | 2007-06-26 20:24 |

ユキザサ

ユリ科 ユキザサ属 ユキザサ ( 雪笹 )

面白山の山頂になかなか届かないでヒィヒィいってるとき、
林内(といっても道沿い)の日陰の湿っぽいところにひっそりと咲いていました。

ユキザサは北海道から九州に分布する多年草で、
ブナなどの落葉広葉樹林内に生えていて、5~7月に咲きます。
茎は長さ20~60cmらしいですが、見つけたものは30cmぐらいでした。

花名の由来は、花の姿が雪の結晶、あるいは粉雪がついているように見え、
葉の形が笹に似ているところからだそうです。

( PENTAX K100D + DFA100mmマクロ / 面白山にて )


※金曜日の午後あたりから背中に激痛を感じ、土曜日までダウン。
 日曜午後には回復傾向にあり、現在ほぼ正常になりつつあります。
 皆さんのところへは、ボチボチと伺わせて頂きます。

 
f0012488_12515357.jpg


by kirageege | 2007-06-25 12:55 |

ゴゼンタチバナ

ミズキ科 ゴゼンタチバナ属 ゴゼンタチバナ ( 御前橘 )

ゴゼンタチバナは、本州中部以北・北海道に分布し、
奈良県・愛媛県などに隔離分布しているそうです。

面白山では、先にアップしたイワカガミと一緒に頂上付近で
群生していました。
高さは5cmぐらいで10cmもなかったと思います。

ミズキ科の仲間には、今盛んに咲いているヤマボウシ
やハナミズキがあるんですよ。
とても小さい花ですが、なんかどことなく似ていませんか。

( PENTAX K100D + DFA100mmマクロ / 面白山山頂付近にて )


1 
f0012488_23404452.jpg


More+3

by kirageege | 2007-06-22 00:18 |

ギンリョウソウ

イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属 ギンリョウソウ ( 銀竜草 )

山地の湿り気のある林内に見られる多年性の腐生植物だそうです。
高さおよそ20cm程度とのことですが、5から10cmぐらいでした。
別名は、なんとユウレイタケ というそうです(^^;

今回の山行で最初に見つけたのがこのお花だったのでした。
日陰に咲く?何となく陰湿なようで幸先がいいとは・・・
と言っちゃったらこのお花に悪いですよね (^^;
咲いているところが暗かったのでSSが稼げず大変でしたが、
揺れていなかった分助かりましたけどもネ (^^)

( PENTAX K100D + DFA100mmマクロ、Optio750Z / 面白山にて )


※最近仕事がまた忙しくなってきてしまい、更新とリコメントで一杯一杯の状態です。
 明日こそは皆さんのところへご訪問したいと思っています m(_ _)m


1 
f0012488_083782.jpg


More+3

by kirageege | 2007-06-21 00:22 |

イワカガミ

イワウメ科 イワカガミ属 イワカガミ ( 岩鏡 )

面白山山頂に漸く着いて、そこそこの達成感はあったのですが、
今日はお花にあまり出会わなかったなぁ~と少し残念に思ってました。
軽く食事を済ませて、何かないかなぁ~と西に降りるルートにちょっと歩いてみたら
何とそこには イワカガミが群生していたのでした。

満面の喜びにかわった瞬間でもありました (^^)

( PENTAX K100D + DFA100mmマクロ / 面白山山頂にて )


1 
f0012488_00196.jpg


More

by kirageege | 2007-06-19 23:59 |

ウラジロヨウラク

ツツジ科 ヨウラクツツジ属 ウラジロヨウラク ( 裏白瓔珞 )

山地~亜高山のやや湿り気のある草原などに生える、高さ1~1.5m以内の落葉低木。
ヨウラク(瓔珞)とは、インドの貴人や仏像の装身具のことで花の形を見立てたものだそうです。

変種で萼の長いタイプが、日本海側に多い ガクウラジロヨウラクで、
萼の目立たないタイプが、太平洋側に多い ウラジロヨウラク とのことです。

2種類アップしますが、どっちがどっちかな??

( PENTAX K100D + DFA100mmマクロ、750Z / 面白山にて )


1 
f0012488_2319124.jpg


More

by kirageege | 2007-06-18 23:27 |

面白山山頂からの夕景

6月16日(土)は、朝早く起きて掃除洗濯を済ませ、
前日には荷造りしておいたリュックを担いで
今まで中途で終わっていた面白山山頂を目指しました。

この日は土曜日だったこともあり、6パーティーに会いました。
今まで出かけていた日曜日はせいぜい会って1人でしたが(^^;

JR仙山線面白山高原駅からなどいくつかのルートがあるのですが
年甲斐も無く一番厳しいカモシカコースを選択。
玉のような汗を何度もかきながら 花や風景や涼風に励まされ
どうにかこうにか登りきることができました。

山頂では2時間も粘ったお陰で夕日を見ることができました (^^;
2時間も何していたかって? もちろん山頂近くに咲くお花を撮ってました (^^)

そのお陰で、帰るときは もう真っ暗。
(◎◎)こんなにしても真っ暗。頼りは懐中電灯でしたが
転げ落ちるように山を下りました。
事実、途中木の根っこに脚をとられて転んじゃいました (^^;
でも、そのとき草の香りが漂っていることに初めて気づきました。幸せ(^^)
もう少しでおしまいというときは 膝がガクガクで泣き叫ぶ寸前でした (^^;
その膝の奮闘のおかげで無事帰還できました (^^)v

( PENTAX K100D + DA21mm、750Z / 面白山山頂にて )
( 1.2.3.6はクリックすると少し大きくなります)


1 やった~ ついに山頂だ! :750Z
f0012488_23562641.jpg


More

by kirageege | 2007-06-18 00:19 | 夕景・朝景

ケナシヤブデマリ

スイカズラ科 ガマズミ属 ケナシヤブデマリ ( 毛無藪手毬 )

ヤブデマリと迷ったのですが、葉っぱに毛がないので
ケナシヤブデマリと推定しました。

最近、どうした訳か、白い花が多くなってます (^^)

( PENTAX K100D + DFA100mmマクロ / 仙台市青葉山にて )


1 
f0012488_0495641.jpg


More

by kirageege | 2007-06-14 00:52 |

チシママンテマ

ナデシコ科マンテマ属チシママンテマ

北海道にしか自生していないお花だそうです。

しかも絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されています。
これは、ごく近い将来に絶滅の危険性が極めて高い種であることを示しています。

撮影したところは、いつものところですので、植栽されたものだと思います。

( PENTAX K100D + DFA100mmマクロ / 仙台市青葉山にて )


1 
f0012488_018553.jpg


More+1

by kirageege | 2007-06-12 23:59 |